猫とワタシ

つれづれ日記

夫と二人暮らしの主婦。日々気になることを綴ります。

この記事のみを表示する大切なこと

昨年、これもパケ買いしたもののひとつ↓
2008_0101_000006-IMGP4495.jpg
本屋で目に入って(しまった)一冊

全国の書店員さんおすすめの本!

というポップがついていた。
いくら書店員さんおすすめでも、好き好きがあるからなぁ・・・
と思いつつ、結局、装丁にひかれて買ってしまっただよ( *´艸`)

帯にも「決して電車の中では読まないでください」
とか書いてあるもんで
そんなに号泣するものなのかなと思ったけど
とにかく読んでみた。

猫にまつわるいろんな物語~
最初の物語は、アパートに置き去りにされた(=^・^=)
しかも虐待に巻き込まれそうになる・・・

いかん!
もうこの時点で私的にはアウト!
読んでいられない。
辛すぎる部分は飛ばして読む。
結局、そのにゃんこは主人公たちに救われるのだが・・・

都会って、こんなに殺伐としてるんだっぺ?
田舎もんにゃ、わからねえだよ
んだ!

その章を除けば、あとは家族ドラマみたいな内容だったので
スイスイ読めた。
物語の結末が
どんどん推理できるような描き方なので
ついに完読!

黒猫のシロちゃんがキーでしたな!

それにしても、陶芸家の親父・・・
あたしゃ、許せない!
(読んだ人だけわかるだよ)ふふふ

本の紹介を見つけたので参考までに↓

悲しみの底で猫が教えてくれた大切なこと

書いてあるように、私は大泣きはしなかった
号泣すれば心が晴れる~
という理屈はわかるが

私の場合、心がほんわかした!
というのが感想です。

ハッピーエンドなので安心して読んでくりょ!
スポンサーサイト

コメントの投稿

secret

飼い主を待つにゃんこ飼い主を待つにゃんこ

ごきげんよう!!
  榮太郎ですぃね


わんこのこんな新聞記事がありました
終戦まじか東京から田舎へ疎開
家で飼っていたわんこを連れていかれず
残った近所の人が預かってくれたのだが
いっこうに餌を食べないとその近所の人からの手紙
一度 東京へ帰ったときにそのわんこに逢ったら
飼い主があげる餌だけを食べたそうです
でも また 田舎へ帰っていったら
しばらくして その近所の人から手紙が来て
また餌を食べなくて 玄関先で死んでいたと
飼い主をずっと待っていたんでしょうね


その画像です↓↓↓↓
https://scontent-nrt1-1.xx.fbcdn.net/v/t1.0-9/18301981_1908218619453580_3474438462649405127_n.jpg?oh=d6d52f022d84083f4430dd37a6f2bbf1&oe=597D43F8

Re: 飼い主を待つにゃんこRe: 飼い主を待つにゃんこ

(´;ω;`)ウゥゥ
悲しすぎる結末ですぃね・・・
戦争は人も動物も、あらゆるものを
悲しみに追いやりますね
そのワンコさんが成仏されますように

トラックバック

この記事のトラックバックアドレス

→この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)