猫とワタシ

つれづれ日記

夫と二人暮らしの主婦。日々気になることを綴ります。

この記事のみを表示するナースのおしごと

プライベート

まだ病院を引きづってる感じですが(笑)

私が行った病院の看護師さんたちは

マスクをしてなかった。
ドクターも。

当然、インフルエンザ予防接種は済んでるだろうけど
他の病気に関しては、無防備?
大丈夫なのか?

そこの看護師さんたちは、ほとんどがベテランで(笑)
患者さんも高齢者が多く、コミュニケーションも上手。
私の前の患者さんは、農家でキュウリを作ってるという爺ちゃん。
口内炎で辛そうだったが
看護師さんが和まそうといろいろ話しかけていた。

「きゅうり、美味しいですよね~
   曲がったのを漬けものにしたら、ごはん美味しいものね~
あー腹減った(笑)」

あたしゃ、熱出て食欲もないし、漬けものどころじゃなかったが
なんかほのぼのしてるなーと思った。

私の番になったら、血圧測りながらまたもや話しかけてきた。
「たしか、以前、お母さん連れて来られてましたよね?」

覚えていてくれた!

介護施設に入ったと伝えると
「まぁ・・・いつもニコニコされてたですよね~」
そして私が熱があると知ると
「今まで頑張ってきたから、神さまが休みなさい~って
  言ってるのかもしれませんね」と。

座ってるのはきついだろうからと
空いたベッドを使わせてくれて、順番来るまで休ませてもらった。

ありがたかった。

熱はあったけど
ここなら治る!って確信した。

小さな内科医院だけど、これが本当の病院だって思った。
スポンサーサイト

コメントの投稿

secret

No titleNo title

衛生第一も大切ですが、
やっぱり心の通ったところが安心ですね。
どんなに技術があっても、
恐怖心や遠慮が出るところは、
ノーサンキューですなぁ。

立場が弱い患者に寄り添える、
そんな医療って理想だと思います。

もみじさんは、本当に
ヨカ病院に巡り合えたとですね。
ヨカッタ、ヨカッタ。

Re: No titleRe: No title

昔の病院は、こんな感じだったよなー
そういう病院です。
不安いっぱいで来院する患者
その気持ちをくみ取るのも
医療従事者の仕事なんだなぁと実感しました。

医術は仁術医術は仁術

躰が病に侵されていると
心も凹んでしまいがち
そこへ 明るく対応していただけたら
病気も早く治るというもの
もみじしゃん 良い病院に通っていらっしゃいますね
早くよくなって くりょ(笑)

PS:熊本は三井グリーランドの近くばい
   11月の5・6・7の泊まり込みったい
   ばってん 熊本市内へ行かれんとです
   もみじしゃんの云っていたラーメン屋に行きたかぁー(笑)

Re: 医術は仁術Re: 医術は仁術

そげですねー
病院は
心も治すところだと改めて気付いたとです。
私は恵まれとります(*^_^*)

福岡に近い熊本ですィね。
ばってんグリーンランド付近にも
美味しいラーメン屋さんあると思いますばい。

トラックバック

この記事のトラックバックアドレス

→この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)