猫とワタシ

つれづれ日記

夫と二人暮らしの主婦。日々気になることを綴ります。

この記事のみを表示するじいさんも見た

テレビ・映画

ひで爺も毎朝楽しみに見てた^^;

あさが来た!

ついに最終回を迎えてしまいましたがな・・・

(ToT)/~~~

大切な人は、やっぱり、しんちゃんだしたなぁ~

おふゆちゃんが、娘のナツちゃんになって登場したり
うめさんが、まだ健在だったり(笑)
そこそこに、ちっちゃなサプライズが組み込まれておりましたな。
ひょっとして、花ちゃんも・・・
と期待したりもしましたけど
花ちゃんを思わせるような人が出てましたな。
白岡家のリビングで子どもたちに英語を教えてた女性・・

アッポ(apple)ちゅうて発音してたメガネかけたおなごはんですがな。
ちょっと見た感じが、吉高はんに似てた気がするのは
私だけでしょうか・・・

ま、それはよしとして
エンディングは感動的でしたな。
しんちゃん、巾着振り回して走ってくると思いましたのに
手ぶらでした(笑)

あさちゃんのほっぺ、両手で包み込むためですな。
あさちゃんの涙を指でそっとぬぐうシーンが
これまたキュンときましたのや(>_<)

世代交代を繰り返すドラマ~
玉木はんが対談でそう言われとります。

しんちゃん&あさちゃん最終対談

このドラマが始まってすぐに、うちの母が亡くなったので
共感するものがぎょうさんありました。
でも、別れが来るのは、自然なことなんや・・・
改めてそう感じさせられたドラマでもありました。

おおきに~(=^・^=)


スポンサーサイト

コメントの投稿

secret

No titleNo title

ほんにほんに。
しんちゃんの病気がわかって
「電車で亡くなる人とかもいるけど、
自分はまだここにいる」というような場面は、
まさにいま
私が直面している状況で、
他人事とは思えずに
泣いてしまいました。

いろんなことを考えさせられたドラマでした。
いろんなカップルがいて、それぞれの道があって・・・
みんな違うけど、幸せなんですよね。

これからは、何か困ったことがあったら
「どうしたもんじゃろのぅ」って
悩むことにしますΣ(゚Д゚)

もみじさんも、本当に大変な半年でしたよね。
お疲れ様です。

Re: No titleRe: No title

ほんなこつ
今あたりまえにあることが
そうでなくなる・・
それはいつか必ずやってくるとですよね。
自分の気持ちを抑えながら
日々の生活を送ることは
ほんに難しか・・

ねむるすさんこそ、おつかれさまです。

トラックバック

この記事のトラックバックアドレス

→この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)