猫とワタシ

つれづれ日記

夫と二人暮らしの主婦。日々気になることを綴ります。

この記事のみを表示するおりつちゃん

ねこさん

うちには、ゲンちゃんのほかに
りっこちゃんという(=^・^=)さんがいる。
昨年、子猫の時に母猫が連れてきて、その後育児放棄・・
母猫は失踪^^;
6か月ころまでうちで過ごしていたが
ある日突然いなくなった。

それから4カ月~
雨の夏の日、ガリガリにやせて帰宅・・
なんとかもちなおし今日に至る(一歳くらい)が
なにしろ、女の子なので、男子のゲンちゃんもいるし
かわいそうだけど、手術することにした。
あらかじめ、動物病院に電話して
洗濯ネットでくるんでケージに入れて~
車の中でもニャーニャー鳴いてて
忍びなかった(>_<)

それでもなんとか無事に手術も終了し
迎えに行ったら、思いのほか元気で、ほっ。
傷口保護のために、臍帯を巻いてたのだが・・・

動き過ぎて、すでにヒモ状・・
なんか、着物に帯しめた町娘のよう(笑)
つい、
「おりつちゃん!」と呼んでしまう↓
2008_0101_000055-IMGP4325.jpg
オナカに喰いこんで苦しそうだったので、一日ではずしてあげた。
動物病院の先生も、
「猫は、舐める動物ですからね~」と言ったので。
抗生物質と鼻炎の薬も処方され~

約二万円の出費(-.-)
だけど
増やさないのも愛情!
だと思うから。
2008_0101_000052-IMGP4324.jpg
8日間、薬を飲ませるのもけっこう大変だった。
りっこちゃんの好きなレトルトタイプに
すりこぎで粉にした薬を混ぜて食べさせる。
ちゃんと食べ終わるまで監視(笑)
次に、鼻炎の薬。
これがもっと大変。
病院で指導された通りに、バスタオルで体をくるみ
顔だけ出して、ちょいと上にあげ、鼻の穴めがけて液体薬をたらす!
まるでET^^;
拘束された上に、鼻の穴にいきなり薬を入れられるんだから
りっこちゃんもたまったもんじゃないよね。

暴れて飛び出て、逃げ出す始末。
やはり私一人では無理なので、ヒデにも協力してもらった。
私が抱っこしてる間に、ヒデが有無を言わせず薬をたらす。
片方の鼻だけ、成功(-。-)y-゜゜゜
こうやって、3日ほど続けた結果・・

見事に、鼻炎は治った!(*^。^*)

来週は、抜糸。
ちゃんとケージに入ってくれるかな?
スポンサーサイト

コメントの投稿

secret

No titleNo title

もみじさん、やさしかぁ・・・
高齢者の飼育放棄が問題視される中、
なかなかできないことですよ。

おりつちゃん、すっかり娘さんらしくなってますね。
ピンクの帯が、かわいかぁ。
お転婆さんなのですね~♪

もみじママのいうことを
しっかり聞いて、はやく元気になるんだよ~♪

Re: No titleRe: No title

おりつちゃん、食欲も旺盛で
おデブちゃんにならないか心配です^^;
ゲンちゃんとも不思議な関係で
仲良く遊んでいます。
長生きしますよ~と先生も言われたので
手術して良かったと思っています。

トラックバック

この記事のトラックバックアドレス

→この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)