猫とワタシ

つれづれ日記

夫と二人暮らしの主婦。日々気になることを綴ります。

この記事のみを表示するこんなふうに

プライベート

母のこれからについて
ドクターの説明があった。
身体的には、今、入院してから一番いい状態にある。
熱もないし、下痢もない。
ただ・・

本人の、「食べよう」という意欲がなくなっている。
無理に口をこじ開けて、食べさせてみても
飲み込む力がなくなってるので危険.
現実は、点滴に頼っている状態。
努力はしてみるが
並行して、ほかの手段を考える時期に来ている。

とのこと。

つまりは
認知症の症状が進み
目の前にある食べ物さえ、食べ物と認識できなくなってる。
そういうことらしい。
ほかの手段と言うのは
療養型の病院に移ること。
こちらも今、満床なので、今のうちに予約しておいた方がいいと。

てっきり、もとのグループホームへ帰れると思っていただけに
ショックだった。
父のショックはなおさらだった。
でもこれが現実。

胃ろうも鼻から管を通すことも、させたくなかったので
点滴だけの栄養補給を選んだ。
この場合、寿命は数カ月
長くて一年だそうだ。

今から、少しずつそのときのための準備をすすめている。

人の命なんて、あっけないものだ・・
スポンサーサイト

コメントの投稿

secret

No titleNo title

お疲れ様です。
最期まで口で食べることが大切だとは聞いていましたが、
もみじさんの記事で、
それが現実なのだと
あらためて知りました。

祖母を認知症で見送った経験があるので、
いまのもみじさんの心中は
いかばかりかと存じます。

どうか、もみじさんもお体をいたわられて、
お母様とのお時間が
少しでも長く、あたたかいものでありますよう・・・

1日、1日、ですね。1日、1日、ですね。

泣いてしまいました(T^T)もみじさん… なかなか言葉がでなくって、ごめんなさい。
苦しくない日々をお母様が過ごせますように。
もみじさんもよい日々を過ごせますように。

Re: No titleRe: No title

ありがとうございます。
口から食べられるということは
生きることなんですよね。
メイチャン、言ってたモン

Re: 1日、1日、ですね。Re: 1日、1日、ですね。

ありがとうございます。
お気持ち、痛み入ります。

トラックバック

この記事のトラックバックアドレス

→この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)