猫とワタシ

つれづれ日記

夫と二人暮らしの主婦。日々気になることを綴ります。

この記事のみを表示するトビーに捧ぐ

ねこさん

年齢不詳の野良猫トビー
一年ほど前
ふらっとやってきて
いつのまにか常連ねこさんになっていた。

男子なのに
女子猫に食事を横取りされる
子猫にも横取りされる。
それでも、じっと我慢の子であった(-.-)
いったいどこからやってくるのか不思議だったけど
あるとき、散歩をしてたら
我が家から1キロほど離れた川沿いを
トボトボ歩いているのを見かけた。

てっ!

猫の行動範囲は500mと聞いたぞ。
トビーの場合、あてはまらない。
よく歩くためか
肩の筋肉モリモリで
かなりの細マッチョであった。^m^

そんな彼が、
一カ月ほど前から食欲が落ちやせてきた。
栄養分の高いレトルトパウチなど
あれこれ与えてみたが・・・
やはり食は進まなかった。
雨にぬれた毛の毛づくろいをする元気もないので
私が代わりに背中の毛を整えてあげた。
気持ち良さそうに喉をならした。
それが水曜日。

その夕方~
玄関の前に座り込んで眠っていた。
そのまましばらくして様子を見に行くと・・

今度は家の角の芝生の上にへたりこんでた。

トビー・・・
呼びかけると
やっとのことで振り向いて

にゃ・・・

その数分後、見に行くともう姿はなかった。
偶然だが、そのトビーがへたりこんでた場所は
3年前、ちび子が最後に座ってた場所・・

あの、「にゃ」は
「さよなら」の挨拶だったのか?

あれから今日で4日。
トビーは来ない。
ちび子のそばにいったのかな・・・

まだ、近くにいるような気もするのだが
今日、動物の霊を祭るお寺に供養に行ってきた。

やさしい男、トビー。
今度は、しあわせな人間で生まれてくるんだよ(ToT)/~~~
kaoani-k2.gif
スポンサーサイト

コメントの投稿

secret

No titleNo title

トビーちゃん、生きていくことが大変だったと思うけれど、
もみじさんに出会えて「信じられる人間がいる」ことを
知っただけでも、幸せだったのではないかと
思います。

きっときっと、あちらの世界で
修行してきたトビーちゃんは、
もみじさんの近くに生まれ変わって
「おやつちょーだいっ」と顔を出す
ヤンチャくんであらわれたりするのかな。

きちんと供養するもみじさんは、
すばらしいです。
トビーちゃん、安らかに。。。

No titleNo title

ねむるすさん、ありがとごぃす<m(__)m>
最初のころは、お魚くわえたドラネコ状態でした^_^;
それが少しずつ慣れてきて
やっとなじんできたかと思ったら・・・
思った以上におじいちゃんだったのかもしれません。
急に老けこんだりして
人間と同じだなーて思うたとです(>_<)

No titleNo title


涙がほろり
もみじしゃんはやさしかです
トビー
ちゃんともみじしゃんに返事をするんですね
神様の元へ旅立ったんでしょうか?

もみじしゃんの処へは
にゃんこがいっぱいやってくるのですか?

No titleNo title

榮太郎さん、ネコさんも目を見て語りかけると
ちゃんと返事するんですよ(たぶん)
岩合さんも「いい子だねぇ~」って
よく語りかけてますよね。
もみじ地方は田舎なので
外飼いの猫さんも多く
どれが飼い猫かノラか・・・
わかりまっしぇん^_^;