猫とワタシ

つれづれ日記

夫と二人暮らしの主婦。日々気になることを綴ります。

この記事のみを表示するねこじい4

ねことじいちゃん4

読んだ。

CIMG0363.jpg

いつもながら、ほのぼの~♬

たまさんの好きなもの↓
CIMG0364.jpg
ぷぷっ

そして背表紙のことばに、ぐっときた
CIMG0365.jpg

人の一生も
ねこの一生も
いつかは終わる~

だからこそ
今日も一緒にいよう(=^・^=)

わかる、わかる。
そう、そう!
今日という日は二度とこないんだもの。
今このときを大切にしなきゃね。

親が老いていく姿を見て
いずれ自分もそうなるのだと思う
でも、それは自然なこと。
不老不死なんてないんだから。
だから今を大事に生きようと思う。

さ、明日は、父を歯医者に連れて行かなきゃ。
スポンサーサイト

この記事のみを表示する便利帖

Farmer's KEIKOさんの5冊目の本~

野菜のおかず便利帖
CIMG0140.jpg

今回も野菜の魅力がいっぱい詰まった一冊(^^♪
単なるレシピ本ではなくて
KEIKOさんの生き方みたいなものが
同世代としてとても共感できるのです
CIMG0142.jpg

~歳を重ねて緩め方を学んだ~

~いかに楽をするか考えるのが楽しくなった~

~料理は全部頑張らなくてもいいんだよ~

同感です( *´艸`)

アラフィフライフは体調の変化がめまぐるしいもの。
淡々と生きたほうが楽しいよね。

そして、あとがきには
愛猫のごんぼさんをギュッと抱きしめたKEIKOさん(=^・^=)
CIMG0141.jpg


50歳を過ぎ、健康でいられること~
すべてのことに感謝!

じ~ん・・・

KEIKOさんの懸命の看病があって
病の淵から奇跡的に復活したごんぼさん・・・
シリンジで強制給餌をした日々・・
おりつちゃんにシリンジでお薬飲ませたことを思い出す・・
おりつちゃんは旅立ってしまったけど
ごんぼさんは復活した

KEIKOさん、素晴らしい女性です(#^.^#)

この記事のみを表示するそれぞれの形

車の情報誌に

「九十歳。何がめでたい」
の佐藤愛子さんのエッセーが掲載されていた

タイトルは「幸せって何だろう」

(^^♪なんだっけ、なんだっけ(^^♪
これとはちゃいますねん( *´艸`)

愛子さんは、生きるのに精一杯で
幸せとか不幸せとか考える暇もなかった
それはある意味、幸せだったのかもしれない~

とつづられておりました。

今の自分を作ったのは、周りの人たちの言葉だったとも。
それを自分の中に吸収できるかどうか・・・
それが大事なのだそうです。

聞く耳を持て!ちゅうことですな。

そして感謝の心を忘れないこと。

むずかしい・・・(^-^;

この記事のみを表示する大切なこと

昨年、これもパケ買いしたもののひとつ↓
2008_0101_000006-IMGP4495.jpg
本屋で目に入って(しまった)一冊

全国の書店員さんおすすめの本!

というポップがついていた。
いくら書店員さんおすすめでも、好き好きがあるからなぁ・・・
と思いつつ、結局、装丁にひかれて買ってしまっただよ( *´艸`)

帯にも「決して電車の中では読まないでください」
とか書いてあるもんで
そんなに号泣するものなのかなと思ったけど
とにかく読んでみた。

猫にまつわるいろんな物語~
最初の物語は、アパートに置き去りにされた(=^・^=)
しかも虐待に巻き込まれそうになる・・・

いかん!
もうこの時点で私的にはアウト!
読んでいられない。
辛すぎる部分は飛ばして読む。
結局、そのにゃんこは主人公たちに救われるのだが・・・

都会って、こんなに殺伐としてるんだっぺ?
田舎もんにゃ、わからねえだよ
んだ!

その章を除けば、あとは家族ドラマみたいな内容だったので
スイスイ読めた。
物語の結末が
どんどん推理できるような描き方なので
ついに完読!

黒猫のシロちゃんがキーでしたな!

それにしても、陶芸家の親父・・・
あたしゃ、許せない!
(読んだ人だけわかるだよ)ふふふ

本の紹介を見つけたので参考までに↓

悲しみの底で猫が教えてくれた大切なこと

書いてあるように、私は大泣きはしなかった
号泣すれば心が晴れる~
という理屈はわかるが

私の場合、心がほんわかした!
というのが感想です。

ハッピーエンドなので安心して読んでくりょ!

この記事のみを表示するねこじい3

ねことじいちゃん3~
出た!
さっそく読んでみた↓
2008_0101_000037-IMGP4763.jpg
いつものように、ほのぼのとした内容の中に
どこかホロリとさせられる

じいちゃんも🐈のたまさんも
いつかは終わってしまう命・・・
だからこそ、こんなにも愛おしい・・・
帯の言葉にグッと来た(>_<)

私が歳をとったせいか・・・

そんななかでも、ぷぷっと笑える場面は多々あり
たとえば、こんな「ねこあるある」↓
IMGP4795.jpg
「嫉妬」という話では~
じいちゃんが買ってきたぬいぐるみ(たまさん似)
次の日、ボロボロになっていた( *´艸`)
ネコさんの嫉妬なんですな(#^.^#)

それから今回は、戦時中の出来事もあった
ワンちゃんもネコちゃんも生きるには厳しい時代だった(T_T)

そして
一番心打たれたのは

家守猫のみーちゃん(=^・^=)

飼い主のばあちゃんが亡くなって
お友達のばあちゃんの飼い猫になるんだけども
毎日、もと住んでた家の前に座り込んでる
ほかの猫が荒らさないように見張ってるのだ
そして、ばあちゃんの形見のボロボロになった座布団の上が
お気に入りなのだ

泣ける・・・

少しだけ、画風を見ることができます
よかったらどうぞ↓

ねことじいちゃん